こごと・たわごと・ひとりごと

№53 さぁ温泉に行こう!!

暖かい日もあり、そろそろ梅の花が見ごろになってきた。日本酒も花見を楽しみながらの季節になった。

 

花見で一杯とくると、やはり温泉も良いのではないだろうか?誰にも気にせず宿でゆっくり湯につかり、季節の移り変わりを目で感じ、季節のおいしいものをじっくり味わう。これが日本人独特のものだと思っていたが、最近では海外の人にも日本宿が流行で温泉好きは世界共通か。。

 

温泉の水質によって、やすらぎの湯(熊本県松島温泉)、ラムネ温泉(大分県長湯温泉)、金郷泉(兵庫県有馬温泉)など、いろいろ温泉の呼び名がある。また「自家源泉」や「掛け流し」など、これぞホンモノ温泉かどうか気になるところであるが、実際入浴することで「肌で感じることが一番だ」と温泉ガイドに書かれていた。

 

しかしながら、温泉で食事を楽しむ前に、食直前の薬は服用できているだろうか?美味しそうな食事がいろいろあり「つい食べ過ぎちゃった」はないだろうか?「いつも以上にお酒をツイ飲みすぎて寝てしまい食後の薬を飲み忘れてしまった」などありがちであるが、旅先で体調をくずし、また血糖値の変化から病院への受診を余儀なくされることもある。

 

いつものように薬を服用しながら、楽しい温泉宿のオ・モ・テ・ナ・シを満喫したい。

 

お問い合わせ

0595-26-7270

Mailでお問い合わせはこちら →
topへ