ホーム > コラム > コラム > コラム No.60 経口補水液を作ろう

No.60 経口補水液を作ろう

台風が来る季節になりましたね。

梅雨があけると暑さも本格的になって来ます。

外で遊んだりする機会も増えて来ると思います。

汗をかくと水やお茶を飲むだけでは電解質(塩分やカリウム)を補えません。

外出先では市販のものでもいいですが、なかなか高いので自宅用に作り方を紹介します。

基本的に美味しくはないので、子供向けにはジュースを使って一緒に作ってみましょう。

 

《基本的な作り方》

水 1リットル

塩 3グラム(小さじ1/2)

砂糖 40グラム(大さじ4と1/2)

さらにレモンやグレープフルーツ果汁を加えればクエン酸効果でさらに吸収効果を高められて飲みやすくなります。

 

《緊急時のときの作り方》

水 コップ1杯

塩 ひとつまみ

砂糖 軽くひと握り

 

《美味しい作り方》

リンゴジュース(果汁 100%) 700cc

オレンジジュース(果汁 100%) 400cc

グレープフルーツジュース(果汁 100%) 450cc

このいずれかに塩3g(小さじ1/2)を入れて水を足して1Lにします。

 

効果的な飲み方はちびちびと飲むことです。

脱水状態になったからといって慌ててグビグビと飲むともどしてしまうことがあります。

熱中症による脱水状態の時だけでなく、風邪や腸炎による下痢やおう吐、二日酔いやこむら返りにも効果があります。

ぜひ作ってみてください。